初心者必見 mixhostでグーグルサーチコンソールの設定方法

スポンサーリンク
ブログ関連

本ブログはmixhostを使って運営しています。ブログを運営していくうえで、Googleサーチコンソールの登録は必須と言っても過言ではありません。

mixhostで、Googleサーチコンソールを設定する場合、少々クセがあります。

 

この記事を見ると、mixhostでGoogleサーチコンソールを設定できるようになります。

mixhostでGoogleサーチコンソールを設定する手順

簡単な流れとしては以下の2つを実施します。

・「Googleサーチコンソール」でレコードを発行。

・発行したレコードをmixihostで設定

①Googleサーチコンソールにアクセスする。

まずはGoogleサーチコンソールにアクセスしましょう。

Google Search Console

アクセスしたら「今すぐ開始」をクリックします。

②プロパティタイプを選択

プロパティタイプ選択の画面になります。

ご自身で運営しているブログの「ドメイン」名を入力して「続行」をクリックします。

当ブログを例とすると、ドメイン名には「adult-manga.net」を入力します。

注意①:「https://」「http://」は不要です。
注意②:最後に「/」は不要です。

③TXTレコードをコピーする

TXTレコードというものが発行されるため、「コピー」をクリックします。

※この画面は後で使いますので、閉じずにとっておいてください。

④mixhostのコントロールパネルを開く

mixhostのコントロールパネルを開いてください。mixhostのコントロールパネルへのアクセスはmixhost契約時にメールでURLが付いてきます。

mixhostのコントロールパネル画面内の「ドメイン」→「Zone Editor」を選択します。

⑤one Editorから「管理」を選ぶ

Zone Editorを開いたら、「管理」をクリックします。

⑥レコード追加を選択し、 TXTレコードを追加する

レコードの追加の横にある「▼」を選択し、「Add ”TXT” Record」をクリックします。

以下項目を入力します。

「名前」:自サイトのドメイン名(当ブログの場合、adult-manga.net)
「TTL」:デフォルト値のままでOKです。
「クラス」:IN(変更不可)
「種類」:TXT
「レコード」:手順③でコピーしたレコードを貼り付ける。

これらの情報の入力が完了したら「レコードの追加」をクリックします。

⑦Googleサーチコンソールで、「確認」をクリック

③で閉じずにとっておいたページを再度確認し、「確認」をクリックします。

⑧設定完了

これで設定完了です。

 

「所有権を証明しました」の画面が出たら「プロパティに移動」をクリックすると、以降の検索パフォーマンスの確認が出来るようになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました